現場スタッフの声 「ホスピタリティ」と「プラスのストローク」の精神を持って…

HOME > 現場スタッフの声

「この仕事が好き。」自信を持って言えるのは快適な職場環境だから。

入社4か月半を迎えて

入社して4か月半がたちました。

最初は島田の稲荷店、その後は焼津のわかぎ豊田店で研修させていただき、

現在はわかぎ豊田店で勤務しています。

稲荷店はお年寄りの患者さんが多かったのですが、

わかぎは小さなお子様が多く、店舗によって違いがある事に驚きました。

9月からは本部での研修が始まり、きらら薬局のスタッフとしての心構えを伺いました。

「レセコン」と呼ばれているコンピューターで、

お薬の説明書・薬袋(お薬をいれる袋)等の印刷やお会計をします。

初めてさわるレセコンの機能にドキドキしたり頭が真っ白になったり、

初めて調剤室を見たときは、棚にたくさんの薬が並びその種類の多さにビックリ!

いつかこの量の薬を覚えなくてはならないの??・・・と不安を感じました。

薬剤師さんが薬を調剤する時に使う機械は、見ていてとてもワクワクしました。

機械の音は、まるで外国の掃除機並みの轟音で驚きました。

レセコンの入力は4か月経っても苦手で、先輩に助けられてばかりです。

それでもやっと少しずつ仕事を覚えてきたなぁ、と感じる瞬間があります。

そんな時はもっともっと頑張ろうという気持ちになります!

患者様の名前と顔も段々覚えてきました。

小さいお子様が“バイバイ”と手を振ってくれる事もあります。

患者様が私の事を覚えてくれたんだなぁ、と感じる時は、とても嬉しくなります。

まだまだ勉強中ですが、これから花粉時期にむけて忙しくなると伺っています。

先輩と薬剤師さんとのチームワークを大切に、頑張りますので宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

静岡中部 焼津 藤枝 島田 地域密着 きらら薬局


Posted by きらら薬局 at 15.10.06  パーマリンク

選ばれる薬局を目指して

平成27年9月26日 きらら薬局は20年を迎えました。

オギャーと生まれた赤ちゃんが、振袖の似合う素敵な女性になる程の月日です。

社名入りのキーケースを記念にいただきました。



 

私がきらら薬局に入局した頃は、スタッフ6名、店舗2店舗でした。

薬歴(病院のカルテのようなもの)は手書きで、

朝の仕事はそれを番号順にならべて棚に戻す事でした。

お薬手帳も、今はシールになっていますが、 その頃は、スプレーのりを吹き付けて張っていました。

失敗して手にのりを吹き付けて、べとべとになった事を思い出します。

今は、スタッフ40名以上、店舗8店舗です。

電子薬歴が導入され、周辺機器もどんどん新しくなっています。

そのおかげで、正確に・早く・美しく 患者様にお薬をお渡しする事ができるようになりました。

時の流れを感じます。

しかし、地域の皆様に愛され選ばれる薬局でありたいという気持ちは、

開局からずっと同じです。

時代が代わっていっても、スタッフのその気持ちは、永遠です!

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 



静岡中部 焼津 藤枝 地域密着 きらら薬局


Posted by きらら薬局 at 15.10.06  パーマリンク

開局20周年にあたり

患者様並びに関係者様


20周年のご挨拶


 きらら薬局会長の平野です。

 今から20年前 きらら薬局は藤枝市田中で産声をあげました。

その当時は処方箋の応需だけでなく、一般医薬品をはじめ日用雑貨や化粧品も扱っており、ご近所の皆様にご利用いただいておりました。

その後は、薬剤師の業務の中心が処方箋による調剤や情報開示、情報提供に変わっていき当社もその方向に変容していきました。

そして今現在、8薬局を運営させていただいております。  

薬にかかわる分野で、患者様が安心して生活を送る事ができるよう手助けをすることが、

薬局薬剤師の役割と考えています。

これからは、高齢化が進み自宅で療養する患者さんが増えていく時代になるかと思います。

店舗間による相互協力や他の医療機関や介護施設等と連携をし、変わりゆく医療体制に対応することで、地域の患者様の助けになれば幸いと考えております。

 職員一同、これまで以上に当薬局に足を運んでくださる皆さまを大切にし、誠実に対応していく所存です。

ご質問、ご要望がありましたら、ぜひお聞かせください。

今後ともよろしくお願いいたします。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静岡中部 焼津 藤枝 島田 地域密着 きらら薬局


Posted by きらら薬局 at 15.09.26  パーマリンク

講習会に参加して

 

台風の後の行楽日和の日曜日、

アナフィラキシーショック症状をおこした時の「エピペン」

の打ち方などの講習・説明を聞く機会があり、参加しました。

「エピペン」は、医師の治療をうけるまでの間、アナフィラキシー症状の進行を一時的に緩和し、

ショックを防ぐための補助治療剤(エピネフリン自己注射薬)です。

学校薬剤師である場合、学校職員へ適格なアドバイスができるようにとの講習会でした。

 

過去に重篤なアナフィラキシーがおきたことがあり、

薬を処方されている児童の在籍を把握しているか、

また、すぐ対応できるように薬がどこにあるか知っているか、、

そのことが、学校関係者にとって大変重要であると、

平成24年の死亡率を挙げて説明がありました。

 

食物、蜂、薬などでアナフィラキシーをおこした場合、

緊急性が高い症状であるかないかを判断した上で、

ためらわず「エピペン」を使用する事が大事だあるというお話しでした。

 

「エピテン」を手にとってみるのは初めてでしたが、

難しい手技ではないので最悪の事態を招かないように

打ち方に慣れておくようにと力説されていました。

 

薬剤師が実際そういった事態に遭遇することはほとんどないと思います。

しかし、患者さんの中には用心のために薬が処方されている方もいらっしゃいます。

今回の講義に参加し、改めて薬の必要性を認識しました。

 

 



静岡中部 焼津 藤枝 地域密着 きらら薬局


Posted by きらら薬局 at 14.11.20  パーマリンク

薬剤監査システム導入

 

きらら薬局大手に『薬剤監査システム』が導入されました。shine

 

レセプトコンピューターから処方データを受け、

処方薬剤の監査を行うシステムです。

簡単に言うと、処方された薬と実際に用意した薬が間違っていないかを

チェックするシステムです。

 



 

コンセプトは

「画像」と「重量」による正確な監査です。

画像撮影による薬種確認、重量計測による錠数確認を一度に行いますので

スピーディかつ正確な計数調剤監査が可能になります。

また、監査記録を全て保存することができるので

過去の履歴を呼び出し、閲覧や印刷をすることも可能になるのです!

 

 

現在まだ設定中のため、稼働はしていませんが、近くスタートする予定です。

より安全に安心して、患者様にお薬を服用していただけるよう、

スタッフ一同、その活躍に期待しておりますshine

 

 

 

 

静岡中部 焼津 藤枝 地域密着 きらら薬局

 

 


Posted by きらら薬局 at 14.09.29  パーマリンク

全 32 件中 6 〜 10 件目を表示 1, 2, 3, 4, 5 ...7

« 前の5件 次の5件 »