現場スタッフの声 「ホスピタリティ」と「プラスのストローク」の精神を持って…

HOME > 現場スタッフの声 > セルフメディケーション税制

「この仕事が好き。」自信を持って言えるのは快適な職場環境だから。

セルフメディケーション税制

 

セルフメディケーションという言葉はご存じでしょうか??

『軽い病気の症状の改善や簡単な治療を自己判断で行い、さらに自己判断のうえで生活習慣などを予防して健康を維持していく』という考え方です。

例えば、『風邪をひいたのでドラッグストアで風邪薬を買って飲む』というのがこれにあたり、その役割を担っているのがOTC医薬品ですconfident

OTC医薬品は処方箋がなくても、取り扱いのある薬局やドラッグストアなどで自らの判断で選んで購入できるメリットがあります。忙しくてなかなか病院に行けないsign01という方は大助かりですねhappy01

ただ、OTC医薬品にも添付文章や製品表示に必要な情報が記載されていますが、一般の生活者が内容を見ただけでは効能効果・副作用について誤解や認識不足を生じることがあるかもしれません。すでに病院の薬を服用中の方は飲み合わせの心配もありますよねsad

そういった不安がある時は、安心して薬を服用する為に薬局・ドラッグストアにいる薬剤師を上手く活用しましょうflair

必要な時に手軽に購入できるとはいえ、OTC医薬品もずっと買い続けていると大きな出費wobbly

国としてもセルフメディケーションを重要視していることから、2017年1月から病院の医療費控除に加え新たに『セルフメディケーション税制』がスタートしましたshine

この制度は、従来の医療費控除制度の適用条件である年間の自己負担医療費が10万円を超えていなくても、対象となるOTC医薬品の年間購入額が1万2000円を超え、一定の取り組み(適用条件)を行った方が適用を受けられる可能性がある制度ですcatface

申告対象となる人は

1.所得税、住民税を納めている。

2.1年間(1-12月)に健康の維持増進および疾病の予防への取組として申告予定者が一定の取組を行っている(特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診断、がん検査等)。

3.1年間(1-12月)で、対象となるOTC医薬品購入額が1万2000円を超えて購入している(扶養家族分合算)。

以上3つの事項の全てに該当する人が対象です。

普段からOTC医薬品を使用している人にとっては嬉しい制度ですねhappy01

ただ、すべてのOTC医薬品が制度の対象となっているわけではないので、どのOTC医薬品が対象となっているのか確認してから購入する事をオススメします。

控除を受ける際には必ずレシートが必要となりますので捨てないように注意ですdanger

少しでも安く医療費を抑えるために活用できる制度はどんどん活用していきましょうsign03

 

参考資料
第一三共ヘルスケア
タケダ健康サイト





 静岡中部 焼津 藤枝 島田 地域密着 きらら薬局


Posted by きらら薬局 at 17.02.17  パーマリンク