コンセプト「薬物治療」「治療方針」「ホスピタリティ」の三位一体をめざす

HOME > コンセプト

会長挨拶「患者様の負担を減らし、本来の薬剤師としての役割を目指す」

きらら薬局 会長 平野篤史 (昭和薬科大学薬学部卒)

”医療のアシスト(FOR MEDICAL)”を念頭に、医療を担う現場として薬を通じ社会貢献していくことが目的であります。処方された薬の相互作用や副作用を見極め、ミスを未然に防ぎ、患者様へコンプライアンスをもって薬や病気に対する心配ごとを払拭していく。そして、安心した生活が送れるようにすることが、私たち薬剤師の役割であると考えます。最近では、マスコミ等で関心が深まっているジェネリック医薬品をはじめ、患者様の医療費に対する関心は昔に比べ高まってきているのが事実です。今後薬剤師としての使命を果たすためにも、医療のアシストだけでなく、患者様の医療費の負担を軽減させていくことも一つの役割であると考えます。無駄な薬を減らし、患者様のための医療費の軽減を実現させる”FOR PATIENT”を真剣に考え、新しい薬剤師としての役割を果たしていけるように、常に問題意識を持ち、自ら勉強し続ける姿勢が今後不可欠であると考えております。

きらら薬局のメディカルアシスト

三位一体アシスト

「薬物治療、医療の治療方針、患者様の満足度」の三位一体をアシスト

医薬分業が進む中、これからの薬剤師の使命は、患者様の薬に対する「知る権利」にお答えし、薬物治療の効果をより向上させ、結果、患者様の満足していただくことと、きらら薬局は考えおります。そのために、薬物治療分野の医療の担い手としての臨床薬剤師を育成し、患者様が必要とする薬剤の情報を的確に伝えることのできる薬局を目指しております。


セルフメディケーションをアシスト

スイッチOTCが増え、セルフメディケーションの重要性は高まるばかりです。医薬品コンサルタントとして適正使用のアドバイスを徹底し、セルフメディケーションの推進により医療費抑制に貢献します。

きらら薬局の取り組み

1. 個別カウンターでの投薬

個室や仕切りつきのカウンターで投薬をいたします。個人情報の保護はもちろんですが、患者様からも落ち着いて薬剤師の話を聞き安心して話をすることができると、喜んでいただいております。

2. 患者様へのサービス向上

最新機器導入して、作業の効率をアップさせることにより、患者様によりスピーディーにお薬を渡すことができ、服用に関して詳しい説明が出来たり、ご相談を受けるなど、サービスの向上に努めています。

3. 研修会・勉強会への積極参加を奨励

スタッフ同士で知識の向上・共有のための研修会を開いています。いろいろな勉強会にも参加していますが現場のスタッフ同士の情報交換は一番患者様に近い声なので、より実践的であり、効果的であると考えております。